澤田水産トップページ > 蟹のおいしい食べ方

蟹のおいしい食べ方

活(生きている)の食べ方

北海道のオホーツク海でとれた蟹はとても美味しいものです。そんな蟹も鮮度劣化や保存状態によって蟹の食べ方は異なります。そこで、北海道茅部郡森町にある当店が蟹の食べ方をご紹介いたします。蟹の食べ方をご紹介いたします。蟹の食べ方と一口に言っても、生の生きている蟹と冷凍の蟹では、食べ方が違います。 蟹のおいしい食べ方を掲載していますので、ぜひ参考になさってください。
また、当店では、すけそうだらやホタテの生産過程のご紹介もしています。ご興味のある方はぜひ、ご覧ください。

蟹の食べ方(刺身コース)

包丁を蟹の腹部から甲羅にあたるぐらいまで入れ、脚と腹部を甲羅から取り外す。

腹部の関節は残したまま、脚とハサミを切り離す。

次に脚の先端を持って、内側の柔らかい殻をそぎ取る。

 

いよいよ、ここで身を取り出す。

氷水に蟹の身を入れる。菊の花が咲いたように開く。

清潔な布巾の上にのせて、水を切る。

皿に盛りつけて出来上がり。すぐ、お召し上がり下さい。

蟹の食べ方(ゆでがにコース<ボイル>)

冷水に10〜15分位つけてから、蟹の姿が隠れるほどの大きな鍋を用意し、たっぷりの水をはる。
1リットルあたり30〜40グラムの塩を入れてから、沸騰させる。ズワイガニ・タラバガニの場合は、塩を30グラムに。蟹の甲羅を下にして入れるのが鉄則。
タラバガニの場合は腹部の通称「ふんどし」を切り取り、ここからミソをスプーンなどで取り出してからゆでて下さい。
毛ガニは、ゆでる前にミソを取るようなことはせず、そのままお湯の中へ。ゆでる時間は沸騰してから15〜20分。
ゆで上がったらすぐ、ゆでる時と同濃度の氷水につけ、10〜15分冷やした後、流水で軽く洗うこと。
冷水に入れると身が締まり、殻から外れやすくなる。

冷凍

蟹の食べ方(生冷タイプ<脚だけ>) 

自然解凍後、焼きガニ・寄せ鍋に最適!(ボイルしてもおいしくない)

蟹の食べ方(ボイルタイプ<解凍術>)

ボイルされた蟹のうち冷凍してたものは、必ず甲羅を下にして自然解凍するのが一番。
水分の蒸発を防ぐためにキッチンペーパーや日本手ぬぐいなどで包み、部屋の中の日陰に置く。春先ならタラバガニで1時間程度、ズワイガニで1〜2時間、毛ガニは、半日程度でOK!
ただし、完全に解凍するより8分目程度に解凍するのが秘訣。暑いときは、同じくキッチンペーパーや日本手ぬぐいなどで包み、冷蔵庫に半日程度入れておくと解凍できる。タラバガニの足などで、塩味の強すぎるものは、解凍後、水道水に10分間ほどさらすと、風味を損なわずに塩抜きできる。

ボイル(保冷材入)

そのままコース(2度ゆでしないこと)

まず蟹の腹側を上にして置く。

包丁を蟹の腹部から甲羅にあたるぐらいまで入れ、脚と腹部を甲羅から取り外す。

腹部の関節は残したまま、4本の脚とハサミを切り離す。

脚の殻は内側からそぐように切り離す。

腹部は左右それぞれに水平方向に切る。

大皿を用意し、切り終えたものを盛りつける。

おいしく食べるポイント

活とボイルの見分け方
活は生きている。通常、蟹はボイルすると鮮やかな赤色になります。活は茶褐色をしています。
どうしても見分けがつかない時は
蟹脚の先端部分を折って、身の状態を見て下さい。半透明なら活、白色ならボイルです。
保存方法
・何日も保存せず、1〜2日位で食べた方が良い。
・活ガニの保存はできません。
・活ガニは、ゆでてからよく冷まし、「ふんどし」(腹の三角形の部分)を切り取り、キッチンペーパーや日本手ぬぐいなどでくるんでからビニール、ポリ袋等に入れ、冷凍保存して下さい。
(甲羅から身を取り出してラップで包んで冷凍庫へ入れるとスペースをとらない。)
・賞味期間は冷凍庫で5〜7日間程度。冷蔵庫で1日程度。